「 ジョンジョーンズ 」に関する
当サイト内の記事一覧となります。

見たい記事をクリックして進んでください。
「もっと見る」ボタンがある場合はそちらからも過去の記事も見ることができます。
スポンサーリンク
記事
                     
UFC178ジョン・ジョーンズvsダニエル・コーミエーが待ちきれない 
暫く、UFCから目を離してしまっておりましたが、ライトヘビー級戦線に特に異常はないようで、やっとこダニエル・コーミエーがJJに挑むようですね。体格的にはJJのリーチが目立ちますが、過去戦績からしてもコーミエ−のようなタイプは得意にしていると思います。 それでも避けていた感のある所を見るに、少しでも勝率を高めたいという計算が見えました。対するコーミエ−もストライクフォースからの移籍組であり、UFCになれるまで数試合はしておきたいと思っていたでしょうから、機が熟しての対戦と..
ジョンジョーンズvsアレクサンダーグスタフソン 試合結果 
グスタフソンが期待以上過ぎて、まさかの名勝負になりました。と同時にジョーンズの底が始めて見えた気もします。今まではどう攻略してよいのかも分からない状況でしたが、バイキングの意地とでも言いましょうか、ただでは負けなかったといった感じです。 かろうじて防衛したジョーンズよりもここまで追い詰めたグスタフソンに勝者のオーラがありましたし、ファイターとしてのメンタリティは強力に備わっている選手だと分かりましたので再戦しても良い試合になるでしょう。 一番は体のサイズがジョーン..
UFC165 ジョンジョーンズvsアレクサンダーグスタフソン 公開計量 
現地の予想もジョーンズにより過ぎていてある所ではビジネスにならないようです。まぁこれもジョーンズが過去のライトヘビー級ファイター達を根こそぎ戦意喪失させてきたからなのですが、新しい芽はグスタフソンくらいしか出てこず、それすらも早めに刈っておこうというJJは悪くはありません。 公開計量のほうも厭らしい感じでNIKE様の告知活動をしつつもリラックスしておりました。一方グスタフソンの研ぎ澄まされている感じは想像よりも良い感じで色気もあり、ひょっとしたらとようやく思えました。 ..
ジョンジョーンズvsアレクサンダーグスタフソン UFC165プロモーション動画 
圧倒的になメイの力に痺れた後はすぐにジョーンズ復帰戦が行われます。日本大好きなのですが、この格闘技ファンには堪らないスケジュールを組んでくるアメリカ様は少し羨ましいです。 ジョーンズ復帰戦とは言っても負けた訳ではないですし、負傷も自滅した感じで、試合のスパンも普通ですので復帰戦というイメージはありません。メイよりも磐石な試合をしそうですが、圧倒的ですがジョーンズは相手と同じ競技をしてくれます。異次元とまではいかないですからまだ何かが起きる可能性は期待できます。 不..
UFC165 ジョンジョーンズvsアレクサンダーグスタフソン 
ジョーンズはちょっと楽な相手ではないですかね。一応ランキング1位の選手ですが、過去の対戦相手などから考えると少し力不足ではないでしょうかね。 ジョーンズも試合をしないわけに行きませんから、仕方の無い事だと思いますが、グスタフソンに関してはせめて、グローバーテイシェイラ、ラシャドエヴァンス、ゲガールムサシの誰かには勝ってからにしてほしかった。 ジョーンズはP4Pランキングでも一位ですが、少し相手に恵まれておらず昔のキレが見れないのが残念で仕方ありません。ですのでグス..
彼氏・彼女と総合格闘技を見るときにつぶやくと好印象なフレーズ 
少し前にサッカーで同じような記事を見たので真似てみたいと思うのです。ただし、問題点があってサッカーをテーマにすると多くの人は共感できるのですが、総合格闘技となると難しいですよね。でもやりたいのでやります。 ■入場時 選手入場時は真剣に見ている素振りをしながらこのフレーズをつぶやきましょう。 「やばい。もう○○入っているね。」 「○○落ち着きすぎww」 ○○は選手名です。須藤元気さんのとき以外は使えます。テンションMAXの選手にも落ち着いて凛と入ってき..
ジョンジョーンズvsクイントンランペイジジャクソン 
ショーグンとランペイジ、リョートマチダで作り上げたライトヘビー級の熱もひとつずつジョーンズに消されました。接戦でいい勝負なのであれば良いのですが、圧倒する形が続いていますので、ジョーンズはある意味、つまらなくしているとも言えます。 この試合は、リーチ、スピード、スタミナでジョーンズが上回っているという典型的な試合でしたからいつものように余裕をもってジャブ、サイドキックをリードブローに組み立て順風満帆な試合運びとなっています。 リーチで勝てる選手というのはなかなかい..
グローバーテイシェイラ ジョーンズ戦早く見たいのですが。 
ジョンジョーンズがヘビー級にいかないと盛り上がらない状況になってきましたが、そうなるとライトヘビー級もピークを過ぎた感が出てしまいます。アンデウソンシウバがライトヘビーに来ても正直厳しいと思いますし、すごくUFCが盛り上がっている反面、ニュースターの出現が無さすぎると思います。 圧倒的過ぎるのは見ていてその時はおもしろいのですが、リョートマチダにしてもショーグンにしてももう一度ジョーンズと闘っても結果はなんとなく見えるというくらい完膚なきまでにやられましたから、リマッチ..
UFC159 ジョンジョーンズvsチェールソネン  
2013年4月27日(現地時間)に行われるUFC159の試合映像はyoutubeでも見る事ができます。メインイベントはジョンジョーンズvsチェールソネンと文句の無いカードですが、それ以外のカードもみどころ満載です。 メインカード <ライトヘビー級タイトルマッチ> ジョンジョーンズ vsチェールソネン <ミドル級> マイケルビスピン vsアランベルチャー <ヘビー級> ロイネルソン vsシークコンゴ <ライトヘビー級> フィルデイヴィス v..
UFC159動画 カウントダウン ジョーンズvsソネン 
ライト級のピリピリするような翌週はこのくらいが良いかもしれませんね。本来ジョーンズと闘う権利はソネンに無いはずなのですが、異例とも言える流れで対戦が実現しました。 普通にやったらジョーンズの勝ちでしょうけど、タックルが一回でも取れれば少しは面白い展開がのぞめるかもしれませんね。まぁジョーンズもレスリング出身ですからタックルとるのは至難の業えですが…
UFC159 ジョンジョーンズvsチェールソネン EX-PV 
格闘技のエッセンスがここに集約されています。ハイパーアスリートとハイパーエンターテイナー。ジョーンズがこの試合を受けたことにびっくりしましたが、このタイミングでしかチェールソネン戦はやれる可能性が無いのも事実だと思います。 ここまでトラッシュトークも炸裂してくるとチェールとアンデウソンとジョーンズですべて台本通りにやっているのではないかといった疑いすらもちます。 チェールはミドル級が主戦場でジョーンズはライトヘビー級。逆ならまだしもタックルや抑え込みが無力化してし..
UFC159 ジョンジョーンズ試合前インタビュー&ソネンインタビュー 
4月27日(日本時間で28日)にUFC159が開催されます。始めはチェールソネン戦を相手の実力不足を理由に断っていたジョンジョーンズですが、社長に説得されたのか何故か受けることに。 ソネンさんも十分強いとは思うのですが、アンデウソン戦以上に盛り上がってこない、何もできないであろう感が漂っているのは私だけでしょうか。あくまでアンデウソン戦は第1戦があっての事でしたし、タックルのクオリティがUFCの中でも高いのは証明されたのですが、打撃への適応という点では、あの崩れ方では底..
≪前へ  次へ≫


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。