「 Jon Jones 」に関する
当サイト内の記事一覧となります。

見たい記事をクリックして進んでください。
「もっと見る」ボタンがある場合はそちらからも過去の記事も見ることができます。
スポンサーリンク
記事
                     
ジョンジョーンズvsカルロスエドアルド 動画 
2008年4月19日に行われたジョンジョーンズのMMAデビュー2戦目の動画。今では体を触らせる音すらさせなさそうですが、バランス感覚の良さはこの時から感じられます。 フィジカル的にはまだまだ補足少しずつ大きくなってきていることが確認できます。デビューした時から今の風格があったら怖いですが、初々しさがまだありますね。 ザ・アスリートといった雰囲気を持っていますが、その体力も武器もひとつですね。2R開始前に相手はすでに疲れ切っているようでしたが、JJは息が整ってい..
ジョンジョーンズ ハイライト動画 
生まれ持った体格にさらに磨きをかけ続けできあがった最高の作品がジョンジョーンズではないでしょうか。 当然負けるまではこの幻想が続くのですが、全局面で同じ階級の誰にも負けていないというのが幻想を強くしているでしょう。 中でも「肘パウンド」が精度が高く兄パウンドと呼ばれる理由ですね。今は過去のUFCファイター達を完膚なきまでに叩きのめすことでその地位を作ってきましたが、これからは自分よりも若い選手、ニュージェネレーションに対しても同じことを続けていくことがさらなる..
ジョンジョーンズvsリョートマチダ タイトルマッチ動画 
今あらためて見ると、リョートは一番ジョンジョーンズの雰囲気にのまれていなかったかもしれませんね。メンタル的にタフというかハッタリを見抜いていたというか、さすが元チャンピオンです。 若さとフィジカルと、バネは圧倒的にジョンジョーンズ。テイクダウンしたあとはレスリング選手だけあって子ども扱いしていますね。じわりじわりとポジションとっていくあたりも余裕とハッタリ感の醸成とうまくやっているなと思います。 リョートうまく戦っているなと感じましたが、そこまでゲームプラン、..
ジョンジョーンズvsランペイジジャクソン ラシャドエヴァンス目線 
アリスターオーフレイムの楽物検査クロで元気のない管理人です。クロなのはほとんどの人が知っているよという異例の選手ではあると思いますが、今までの検査はスルーしてきたのですから、使用しているとは抜くのも上手だったのでしょう。 ヘビー級は当然体重制限がないですから、大きければ大きい方が有利です。一説では検査の厳しいUFCですらほとんどの選手が利用しているなんて噂もあります。あくまで噂です。 それにくらべるとライトヘビー級というのは磨きが必然とかかる良い階級のような気..
ジョンジョーンズ 公式ハイライト動画 違う次元 
プロが編集しているハイライト動画になりますので綺麗です。ただし、1分と尺が短いのですが。違うレベルにいるというタイトルがついていますが、まさしくひとりだけ違うレベルにいます。本当にいるのか、違う次元のように錯覚させているのかは徐々に判明してくると思いますが、本当に違う次元にいた場合、少しつまらなくなってしまう恐れもありますね。 身体能力が異常に高いのは素人目にも見ていてはっきりしています。跳躍系の技、回転系の技は、その身体能力を最大限に生かしたものになっています。レ..


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。