「 空手 」に関する
当サイト内の記事一覧となります。

見たい記事をクリックして進んでください。
「もっと見る」ボタンがある場合はそちらからも過去の記事も見ることができます。
スポンサーリンク
記事
                     
oh・・・思わず身が縮む“空手vsMMA”の急所をかけた戦い 
この戦いの大枠を述べると、「空手は凄い。鍛え抜かれた肉体で、打撃を受ける訓練もしている。」→「全身どこに打撃が喰らっても大丈夫。鍛えてるからね。」→「もちろんそれは急所もしかり」→「では、鍛え抜かれた総合格闘技の選手に、大事な急所に打撃をいれてもらおう」→「OK、やってみよう」という企画です。 もうマネキンにテストトライをしているのを見ているだけで思わずキュっとなる感じです。さて・・・この勝負の行方はいかに・・
【魅了】美しすぎる空手KOシーン集 
世界で増える空手ファンの中では、こういった一瞬の美しい攻撃に魅了された人も多いのではないでしょうか。 多くを動かず、最小限の動きで素早く相手を突く一撃は、他の格闘技にはない美しさがあります。至極のKOの瞬間約40シーンが詰まった動画、見ない訳にはいきません。
【空手編6】アメリカ人コンビが沖縄で空手黒帯に挑戦までの道 
ヒューマン・ウエポン 世界の格闘技 -HUMAN WEAPON-の第6弾。最後は黒帯との対戦です。 戦うのはでかい方のビル。ルールは3分間のフルコンタクトファイト。 3分たってどちらとも立っていれば延長1分。顔への打撃はナシ。 さて、勝負のゆくえは・・・?
【いたたまれないで賞】格闘技大会での珍事 
格闘技の前座として、空手の演舞を行っています。 いつ珍事が起こるのか、とヒヤヒヤしながら映像に思わず見入ってしまいますが、その事件が起きるのは、最後の最後。空手師範の披露するバット折りにありました。確かに難しそうな感じですが、練習ではできていたのでしょうか。 もしTV放映されていたら、いたたまれなさすぎてチャンネルチェンジは必須でしょう。最後は曖昧なままに去っていきました・・。
【空手編5】アメリカ人コンビが沖縄で空手黒帯に挑戦までの道 
ヒューマン・ウエポン 世界の格闘技 -HUMAN WEAPON-の第5弾。今回は学ぶのは精神力、そして“実践”としての空手です。 空手はもちろんですが、アジア全般の格闘技、スポーツは、“精神”が大事にされてきました。海外でカラテを習っているひとも、こういった面に感化されて始めたひとも多いですね。 そしてもう一方の“実践”としての空手は、競技ではなく、相手が刀をもった侍であったり、限りなく命の危険が有る状態を想定しています。試合ではアウトですが、心臓を狙った突き..
【空手編4】アメリカ人コンビが沖縄で空手黒帯に挑戦までの道 
ヒューマン・ウエポン 世界の格闘技 -HUMAN WEAPON-の第4弾。第3弾では攻撃を学んだ2人。そして今回は、自分の身体強化に挑みます。 空手家のもつ強靭なイメージは、こういったところからくるのでしょう。自分の身体に攻撃を受ける事で、その部分を強化していきます。攻撃を受けているだけで筋肉がつくので、これは他の格闘技の強化トレーニングでも用いられる方法ですが、さすがに木の棒で殴られることはなかなか無いのではないでしょうか・・。 そしてもう1つの強化ポイント..


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。