「 セームシュルト 」に関する
当サイト内の記事一覧となります。

見たい記事をクリックして進んでください。
「もっと見る」ボタンがある場合はそちらからも過去の記事も見ることができます。
スポンサーリンク
記事
                     
セームシュルト引退-「悲しみの巨神兵」は最強のまま終わってしまった件とその負け歴史 
シュルトさんお疲れ様です。そのスタイルに賛否両論あるのは分かっておりますが、日本格闘技界において大きな働きをしてくれた事に間違いありませんので暖かくお見送りしたいですね。「悲しみの巨神兵」-当時のスタッフは本当にネーミングセンスが素晴らしいと思うのですが、まさにシュルトの格闘技人生は悲しみの連続だったのではないでしょうか。体格が大きく、それだけで有利なため勝っても称賛されない。そう、可哀そうな事に勝ってもまったく人々の記憶に残れないのです。あまりにも悲しすぎます。強すぎて困っ..
Glory4 ヘビー級グランドスラムトーナメント動画&ヘビー級ランキング表 
このランキング表は面白い。こういうのをもっと早く作って欲しかった。特に中量級にも欲しかった。ポイントの付け方はサッカーのFIFAのように意味不明な部分は残るだろうけど、概ねみんな理解できるだろうし。 でも、個人的にはシュルト→ギタ→スポーン→サキだけどね。皆さんはどうでしょうか。中量級もこの表を作っていただけないでしょうか。
セームシュルトvsエロールジマーマン 2回目 格闘技動画 
大きければ強いというのはやはり事実のようです。いまだに衰えないセームシュルトを見て、純粋な立ち技イベントをやったらかなりの確率でセームシュルトがもっていくのではないかと思います。 ジマーマンはセンスの塊のようなキックボクサーですし、個人的にも好きな選手なのですが、まったく歯が立ちませんでした。同じヘビー級でも体のサイズが違いますから、ちょっとしたジャブがストレートになってしまいます。膝蹴りがOKだったら秒殺でしたね。これは暫くTOPに君臨しそうです。
アーネストホーストvsセームシュルト 2002年 動画 
セームシュルトはPRIDE軍として参戦していますが、もともとは立ち技の選手なので決して総合の選手とは呼べないと思います。後にK-1にも継続参戦し、強いが故に面白くなくなってしまうほどでしたから。 首相撲ありルールだとシュルトがさらに強くなってしまうのがよく分かります。前蹴り、ジャブ、近くなったら首相撲という必殺パターンの繰り返して勝利を積み重ねられるはずです。 一方、アーネストホーストも改めてすごい選手だなと思います。セームシュルトと首相撲ありで、5Rも戦える..
衝撃KO動画 セルゲイ・ハリトーノフvsセーム・シュルト 
会場が凍りつくKO劇。この試合の後暫くは映像が放送されませんでした。民放でも当然ダイジェストだけ放送。セーム・シュルトはこの試合以降は立ち技に専念しているかのように思えます。 途中までは対策差もあって互角に戦っているように見えますが、現役軍人の怖さ、恐ろしさ、強さが徐々に出てきます。 まずはマウントポジションから。少し上目にポジションをとるのもシュルトが大きいからでしょう。より安定したポジションとるために動いた体制はロシアンポジションというらしいです。 ..


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。