「 アリスターオーフレイム 」に関する
当サイト内の記事一覧となります。

見たい記事をクリックして進んでください。
「もっと見る」ボタンがある場合はそちらからも過去の記事も見ることができます。
スポンサーリンク
記事
                     
UFC169公開計量ヘナンバラオ、ユライアフェイバー、ジョゼアルド、アリスターオーフレイムも。 
アリスターの体の大きさは中間といった所でしょうか。萎みすぎずでかすぎない仕上がりになっております。今回に関してはミアが相手という事でテストステロン関連の事を過剰に言われることもないでしょう。タイでの修行の成果をなんとか見せてもらいたいものです。 アルドはいつもの感じでいつもと同じように淡々と終わらせようという雰囲気。同じく淡々としているリカルドラモスも不気味です。メインではなく注目度が低い所も不気味さに拍車をかけています。 ただ、両者のレベル高さという視点ではやは..
アリスターオーフレイムvsフランクミア@UFC169関連動画 
アリスターはこれに負けたらUFCを去る覚悟というような情報もあったような気がします。実際トラビスブラウンに負けてからは復活のイメージが持てないという人は多いでしょう。対するフランクミアも元UFCヘビー級王者でありながら、ジュニオールドスサントス、ダニエルコーミエ、ジョシュバーネットと3連敗を喫し、いよいよ土俵際です。 日本でも長く活躍していたこともあり、個人的にはオーフレイムの動向が気になるところです。テストステロン問題もあり、体も評価もぐっと小さくなってしまっているの..
アリスターオーフレイム計量時比較動画 
アリスターは何をしてようが好きなのですが、勝てないとなると話は別です。MMAの連敗記録はボブサップさんがひとり独走の中頑張っておられますので他が追従する必要はございません。 やはりというか当然というかラウンドの後半は失速されるのですが、決定打があれほど何回も見せられていた前蹴りというのはどれだけ適応力がないのかと疑ってしまいます。決してスピード、キレのあるキックではなかったですし、それで倒れるのかよーと誰もが突っ込んだことでしょう。ダナ社長もオーフレイムの今後はどうなる..
アントニオシウバvsアリスターオーフレイム ハイライト動画 UFC156 
アリスターらしく、大事な所に行く前に消えゆくようです。見ていて感じるのは、余裕というか少し見下したような戦い方だなという事。 一方、アントニオシウバは出来る限りの事をしようとしている必死さが溢れていました。アリスターだから特別視されている感もありますが、ヘビー級のトップ戦線なんていつかのヒョードルを除けば、こんな感じで勝ったり負けたりなんでしょうかね。 ヒョードルの対戦相手と今のUFCでは比較できないのですけどね。まぁ今回はシウバに感動させられましたわ。 ..
最近アリスターの映像を見てないのでK-1トライアウトインタビュー映像でも。 
最近アリスターの映像を見ていなかったので何をしているのかなと思ったらK-1のトライアウトの審査員なんかをしていたようです(2012年7月の様子です)。 UFCと契約していてもこういったものには参加してよいものなのですね。事実としてK-1の最後のグランプリ王者ですから参加しているのはごく自然なことなのですが。 UFCは契約が厳しいとよく聞きますので意外ですね。
ファブリシオヴェウドゥムvsアリスターオーフレイム 1回目動画 
」2006年5月5日に行われたPRIDEでの一戦。2回目はストライクフォースでの対戦ですね。 両者今よりも一回り小さいですね。アリスターが巨大化しているのは有名な話ですが、こうみるとファブリシオも同じくらい大きくなっているのが分かると思います。 2回目の対戦では一切寝技勝負に付き合わなかったアリスターですが、この試合では自ら倒したりしていることシーンもあります。ただし、多彩な関節技でそこをファブリシオがついて勝利。上からコントロールしているつもりだったのでしょうが..


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。