「 レミーボンヤスキー 」に関する
当サイト内の記事一覧となります。

見たい記事をクリックして進んでください。
「もっと見る」ボタンがある場合はそちらからも過去の記事も見ることができます。
スポンサーリンク
記事
                     
Glory14ザグレブPV ミルコクロコップvsレミーボンヤスキー、アンディリスティvsダビットキリア 
アンダーカードの詳細まで把握していませんが、楽しみです。取り急ぎPVがアップされていましたので紹介。ボンヤスキーとミルコは何回引退試合をしているのでしょうか。よりレベル高い試合を見せていかなければならないキックボクシング界においてはもう殿堂入りしているような選手同士なのでこの勝敗が何にも関与しないところがちょっと物足りなさを演出しています。 以前、日本にK-1というものがあった時には総合帰りのミルコとボンヤスキーが対戦してキックボクシングにはない体幹の強さを前面に出して..
タイロンスポーンvsレミーボンヤスキー Glory5 
超ビッグマッチがこっそりと行われていました。視聴率とれないのは分かるけど、Gloryの放映権を買ってくれる人っていないのでしょうか。もう少ししか格闘技ファンがいないのは分かるけど、深夜でもやってほしいですね。 レミーはさすがに劣化してきているんだと思いますが、スポーンの圧力は段違いですね。アリスター戦も正直負けていなかったと思いますし、総合をやってさらに強くなりました。 レミーの誤魔化すテクニックというのも貫禄を感じさせますが、フィニッシュの右フックはまあ別格です..
K-1インパクトKOハイライトvol.4 曙 レミーボンヤスキー ブアカーオプラムック マークハント ステファンレコ リックルーファス 他 
Vol4も最高です。特にブアカーオvs小比類巻はルール改定前のものなので膝蹴りも自由に使えていますのでブアカーオ無双を見ることができます。これは勝てる人いなかったでしょうね。 マークハントvsステファンレコも左のフックでダウンしたレコがすぐに立ち上がったので続行かと思われましたが、数秒後に脳震盪が来たのでしょうか?基本、体を張ったスポーツですから何が起こるか予想は出来ないのですが、コーナーにたどり着いてからフラフラするシーンというのも珍しい気がします。 他にも..
K-1ヘビー級グランプリの優勝者を比較 まだ見ぬマッチメイクの可能性 
新生K-1が始動したのか、していないのか良く分からない状況ですが、個人的に好きな魔裟斗氏がプロデューサーに就任しましたので財政的にはきつくても数回は頑張って開催してほしいところ。 選手もいくつかの団体に分かれてしまいましたのでこれから見ていただく表はまったく過去の物になっているのですが、ヘビー級優勝者の体格を比較してみると結構面白い結果でした。 といっても18回の開催のうちピーターアーツ3回、ホースト4回、ボンヤスキー3回、シュルト4回で14回は4名で占めてし..
K-1が生まれ変わったので昔のK-1を見てみる K-1ベストバウトランキング2004 
時間の経過の速さにびっくりしますが、全試合懐かしいです。フランソワボタがジェロムレバンナとKOした試合。シャノンブリックスがKO勝ちした試合。 そしてお亡くなりになってしまったマイクベルナルドがノルキヤに下剋上されてしまう試合。どれも懐かしい試合です。 でも2002年と比べると本格的なキックボクサーではない選手もだいぶリングに上がってきたなという印象ですね。どんどんイロモノだらけになっていったのはみなさんご存じのとおりですが、派手な倒しあいが視聴率をとれるので..
レミーボンヤスキーvsアリスターオーフレイム 動画 
アリスターオーフレイムはモンスターだと言われますが攻略法がないわけではありません。実際、K-1のチャンピオンにまでなってしまったので立ち技でも十分通用する力があると言うしかありませんが、レミーボンヤスキーは彼を抑えたひとりです。 まずは出入りを早くすることが必須条件のような気がします。ベタ足で止まるような構えの選手はアリスターに狙い撃ちされてしまいます。この動画のボンヤスキーのように出入りを多く、散らすパンチとキック、クリンチの多用である程度抑えることが可能ですね。..


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。