「 リョートマチダ 」に関する
当サイト内の記事一覧となります。

見たい記事をクリックして進んでください。
「もっと見る」ボタンがある場合はそちらからも過去の記事も見ることができます。
スポンサーリンク
記事
                     
リョートマチダvsケガールムサシ UFN PV 
ワイドマンvsアンデウソンの熱気も落ち着いてきた頃ですが、もろもろ動きが出てきました。 まず、骨折してしまったアンデウソンですが、上半身のトレーニングを再開したようです。年齢的にも気持ちがついていかないのではと思っていましたが、やはり常人ではないのでしょう。 あきらかに詰将棋に負けてローをカットされた感じがしましたが、本人はアクシデントの一点張り。まだストーリーは終わっていないようです。これはこれで何よりです。 ワイドマンはベウフォートとの対戦が決まりましたが、..
リョートマチダvsライアンベイダー UFC動画 
この組み合わせは査定試合としては価値のあるものだったのではないでしょうか。 独自の立ち技ベースにジョンジョーンズと渡り合える可能性を見せたリョートとタックルが武器のフィジカルモンスターであるライアンベイダー。 どちらが勝ってもジョンジョーンズへの挑戦へ大きく近づく試合でした。 結果、リョートが打撃で勝利を収めますが、ベイダー相手にスタンドできちんときめれた事はプラス材料ではないでしょうか。 この結果を受けて次期挑戦者はリョートマチダになったようです..
リョートマチダの空手試合動画 
ジョンジョーンズという波に飲み込まれた一人ですが、元UFCライトヘビー級チャンピオンのリョートマチダ選手。 空手のバックボーンがあり、その動画ですが、構えがMMAをやる時とほとんど変わりませんね。ミドル級に落としても良いという発言をしているみたいですが、派手に敗けたわりに一番ジョンジョーンズを追い込んでいたと思います。 タックルをとってジョンジョーンズに勝とうというのは難しいと思いますから、やはり打撃がポイントになってくることでしょう。空手、カンフー、このあた..
ジョンジョーンズvsリョートマチダ 動画 
2011年12月10日に行われたUFCライトヘビー級タイトルマッチ。ジョンジョーンズにとって2回目の防衛戦です。 これぞ、ライトヘビー級のトップ戦線ということがお分かりいただける試合ですね。リョートは派手ではないですが、どんなファイターに対しても苦手意識なく、安定して勝てる印象。実際JJが一番苦戦したのはこの試合ではないでしょうか。 エヴァンスとの舌戦が続いていますが、エヴァンスはリョートに敗けています。ランペイジにも苦戦しています。その戦績を引き合いに出して..
ジョンジョーンズvsリョートマチダ タイトルマッチ動画 
今あらためて見ると、リョートは一番ジョンジョーンズの雰囲気にのまれていなかったかもしれませんね。メンタル的にタフというかハッタリを見抜いていたというか、さすが元チャンピオンです。 若さとフィジカルと、バネは圧倒的にジョンジョーンズ。テイクダウンしたあとはレスリング選手だけあって子ども扱いしていますね。じわりじわりとポジションとっていくあたりも余裕とハッタリ感の醸成とうまくやっているなと思います。 リョートうまく戦っているなと感じましたが、そこまでゲームプラン、..
Best of 2011 リョートマチダがランディクートゥアをKOしたシーン 
2011年のベストシーンとしてリョートマチダがランディクートゥアをKOし引退させたシーンが選ばれました。両者とも元UFCライトヘビー級のチャンピオン。 この試合でクートゥアは引退となりました。それにしてもこの前蹴りのような軌道の蹴りはUFCではアンデウソンシウバも決めていますし、結構効くのでしょうか。 タックルも当然警戒しながらの競技ですから意識が下に行くのは当然だと思いますが、顎先にチョンとよく入るなといった感じです。この動画のリョートマチダの蹴りもアンデウ..


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。