「 マイクザンビディス 」に関する
当サイト内の記事一覧となります。

見たい記事をクリックして進んでください。
「もっと見る」ボタンがある場合はそちらからも過去の記事も見ることができます。
スポンサーリンク
記事
                     
ブアカーオポープラムックvsマイクザンビディス K-1MAX2006 
懐かしい面々が登場する動画ですが、ブアカーオのミドルキックの凄さが分かる試合です。ザンビディスとしてもワンパンチ狙いしかできなかったのですが、ミドルキック一本で中に入れさせないブアカーオは飛びぬけています。 序盤は単発のミドルで牽制しながら試合をコントールしますが、終盤にザンビディスがピッチをあげようとしたタイミングで左ミドルダブルや左右連打を織り交ぜて止める辺りは試合運びの上手さも見えます。 ただ、よく分からないのはこの時も判定が30-28だの30 -29だのが..
マイクザンビディスvsシャヒド K-1Rising 動画 
名勝負になりますね。アグレッシブで回転力のあるオフェンスを得意とするふたりですから、とてもかみ合います。 個人的にはザンビディスには階級を下げてもらいたいのですが、K−1MAXが出来た時から無理して戦ってくれた功労者ですのでなんとか活躍してもらいたいという気持ちもあります。首相撲、膝蹴りが禁止になっていますからこういったスタイル選手が活躍できるようになりましたね。
マイクザンビディスvsシャノンF16フォレスター 
2001年の試合の映像です。ちょっと昔の試合ですが、マイクザンビディスが今とあまり変わらないのと、シャノンF16フォレスターはいなくなってしまったな複雑な心境です。 それにしてもザキックボクシングという試合ですので見ていて面白いです。変なローカルルールも混ざっていないので純粋にパンチ重視のザンビディスとムエタイスタイルキック重視のシャノンフォレスターの対決を楽しめます。 選手に罪はないと先に言っておきますが、特殊なローカルルールを作っていってしまうと世界から見..
ジョルジオペトロシアンvsマイクザンビディス 動画 
2010年11月8日に行われたK−1MAXでの一戦。前回の記事のブアカーオ戦とはまた違い、倒されるリスクのあった試合です。どちらが勝ちあがるかという視点では圧倒的にペトロシアン有利という状況でしたが、良いパンチも何発か入り危ないのではないかとう状況が見ることのできる一戦です。 マイクザンビディスもここで倒していたらヒーローだったのですが、あと一歩踏み込めませんでしたね。2Rの膝蹴りに対しての左フックはダウンをとっても良かったかと思います。レフリー含めて、ペトロシアン..


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。