総合格闘技動画キックボクシング動画

格闘技動画ナビ新着記事

衝撃格闘技動画:ジョゼアルドvsマークホーミニック@UFC129

UFC169関連の動画として無料公開されているジョゼアルドvsマークホーミニックの動画。インパクトのある試合でしたので覚えている人も多いかと思いますが、総合格闘技の激しさを実感できる一戦です。

ジョゼアルドと言えば、P4Pにもあげられるフェザー級チャンピオンですが、ホーミニックも5連勝してのタイトルマッチでした。タイトルマッチということで5R制、激戦が予想されましたが、フェザー級らしからぬ光景になってしまいました。

UFCでは安全面から4点ポジションでの膝蹴りが認められていませんが、肘での攻撃は認められています。※4点ポジションとは両手両足をついた状態をさします。昔日本で格闘技ブームだった頃は4点ポジションはOKが多かったのですが、今考えるとなくても良かったなと思います。

この試合も決定的な肘での攻撃がありますが、近年肘でのフィニッシュが多くなってきているような気がします。5Rはアルドも失速しましたし、今でこそ偉大なチャンピオンになっていますが、あの肘打ちがなければまた違うフェザー級のストーリーだったと思うと面白いですね。

WSOF2013ベストノックアウト&サブミッション

ベストノックアウトとサブミッションはどこの団体も発表するようになったのでしょうか。期待の新興勢力WSOFも2013年版ベストノックアウト&サブミッションを発表していたので紹介しておきます。

ベラトールとの対抗戦の煽りでtwitter上では盛り上がっているようですが、UFCあがりのランペイジジャクソンとキック界のスタータイロンスポーンが舌戦しているだけでトップから離されている2団体の現状を見ているような気がします。

UFCの方がタレントが多くレベルが高いことも事実ですが、業界やファイターの事を考えると数団体あったほうがよい訳で、このWSOFとベラトールに関しては2014年に成長速度を上げていただきたいと思うわけです。

少しずつですが、実力のある選手たちが両団体に移籍しはじめていますのでUFCに対抗できる団体として根付いて欲しいと思います。これがベストノックアウト、サブミッションと言われると今の立ち位置も分かって面白いです。



UFC168動画あり:ユライアホール、マイケルジョンソン、トラビスブラウン、ロンダーラウジー、クリスワイドマン2014年はさらに活躍しそう。

UFC168について何も触れないまま、2014年になってしまいました。あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

ずらっと勝者の名前を並べてみましたが、クリスワイドマンvsアンデウソンシウバについてはFIGHTFANにて別途振りかえってみたいと思います。一言だけ触れておくと負傷でのTKOという公式記録になっていますが、すべてワイドマンは優れていました。蹴りのディフェンスまで覚えてしまって2014年の楽しみのひとつになりましたね。

メインの印象がとても強くなっていた2013年のUFCですが、最後の168はタイトルに並べた選手をはじめ素晴らしいファイトが多くて楽しかったですね。

ホールは正直怖いオーラが画面からも溢れてきます。ジョンソンも素晴らしいアスリートですし、ブラウンはアリスターに勝ってファイター人生が変わったのではないでしょうか。ロンダーラウジーには女子格闘技のレベルの高さを教えていただきよき2013年の締めとなりました。




おすすめ格闘技動画

ボクシング
  • テクニシャン同士の頂上決戦となったこの試合は痺れるかけ引きの末、早期決着を迎える事となりました。カウンターをとるのが上手な二人ですから細かいフェイント等が沢山あり玄人好みな一戦になっていると思います。
シュートボクシング
  • 早すぎる引退となってしまったシュートボクシング梅野選手。その代表的な試合とも言えるボーウィー戦。被弾覚悟のフルスイングの打ち合いは格闘技ファンでなくても理解できる戦いです。
シュートボクシング
  • キック系選手においてパンチのテクニックが異常に高いのがアンディサワー。特にボディブローはピカイチと言われています。集音マイクに拾われるドスンドスンという音を聞いてください。
総合格闘技
  • 【閲覧注意】民放ではカットされた伝説の試合。ロシアの軍人という肩書がそのリアリティさを深めました。ロシアンポジションと名付けられた変形マウントポジションからの鉄槌はシュルトの顔面を破壊、観客をドン引きさせました。
ボクシング
  • PRIDE無差別級グランプリの準決勝。PRIDEの顔とも言える二人の激突は体格差があったものの、圧倒的な差で決着。ノーミスの試合運びとフィニッシュの破壊力は根強い人気動画です。
キックボクシング
  • 完全玄人好みの一戦。ブアカーオは引退を発表してしまいましたが、間違いなく70kgのナンバーワンであったと思います。現在最強と言われているペトロシアンとの試合は何回見てもブアカーオが勝っていたのではないかと思います。
ボクシング
  • オープニングから試合、結果までとても記憶に残る一戦です。ボクシングファンの期待、注目、すべてを集めた試合であったと思います。試合を見てゾクゾクするというのはひとつの醍醐味だと思いますが、それを一試合で何度も提供してくれたこの一戦は偉大です。
総合格闘技
  • いつまでこの幻想が続くのかという期待と果たして超えることができるのかという不安の両方を提供してくれるジョンジョーンズ。現在進行形でMMAファイターの価値を押し上げている彼の戦いはどのスポーツにも劣らないトップアスリートとしての姿でしょう。
総合格闘技
  • 競技人口が多いだけになかなか最強が決まらないライト級。日本人も何名か争いに参加していましたが、現在は脱落といった感じか。何名がいるトップファイターの中でもこのギルバートメレンデスは安定して勝っており、おそらくNo1なのではないかと思います。
総合格闘技
  • ヒョードル皇帝の全試合まとめです。全試合収録できましたので完全版です。10年前の試合などはひとりだけ次元が違う状態で、それから長い事トップに君臨してきました。今後、これほどに長期政権を築けるファイターはいないでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。