総合格闘技動画キックボクシング動画

格闘技動画ナビ新着記事

ジョゼアルド待ちになったライト級。ペティス挑戦権は誰の手に。

ジョシュトムソンが一花咲かせるのではないかという展開でしたが、結果は判定ベンソン勝利でした。しかし、ダナホワイト社長はペティスとの再戦が見たいと思うほどインパクトと試合内容がなかったという事をすぐに発言しているところを見るとペティスとの再戦はすぐにはできなさそうですね。

順番的にはギルバートメレンデス。アンソニーペティスとギルバートメレンデスの試合となればとんでもない試合になりそうですが、ベンヘンにもトムソンにも負けたことがあるメレンデスという見方もできるだけにタイトル挑戦権をどう見るのかが難しい所です。

昨年、ペティスが戴冠し、ベンヘン時代が終了しましたが、豊富なライト級をもってしてもペティスが頭ひとつ抜けてしまうという状況になっています。ポカしてあっさり間接とられたりもしそうですが、激しさや強さは圧倒的。いずれはこれを攻略する新しい才能が出てくるのでしょうが、まずはジョゼアルドのライト級転向というのがひとつの期待です。

メレンデスvsペティス、メレンデスvsアルド、ペティスvsアルド、どれも見たい。それにしてもUFCも新しい名前が出てきませんね。格闘技は人気ないのでしょうか。動画はアルド、ペティスハイライト。



ジョシュトムソンハイライト+ベンソンヘンダーソンハイライト

UFConFOX10の計量も無事にパスしたようで、何よりです。まるでタイトルマッチのようなカードですが、現チャンピオンはラスボス、アンソニーペティスです。戴冠したのちに怪我で休養という事で戦ってもくれないのですが、ペティスは現在ライト級で別格の強さです。ただし、そのライト級は一番と言ってよいほど激戦区。チャンピオン以下は混沌としています。

両者どちらともオールラウンダーなイメージですが、トムソンはテイクダウンをとるための打撃から入り、ベンソンは打撃をあてながら相手のバランスが崩れるのを待つスタイル。

ペティスvベンソンではガシガシに削ってくる打撃でペティスがペースを取りましたが、トムソンの打撃はそこまで深くは来ないと思いますので比較的膠着気味な展開が予想されます。自力ではベンソンが有利かと思いますが、タックルが何本が決まるようだとまたヘンソンが勝手にペースを乱すかもしれません。

また、普通に勝つだけではペティスには勝てるとは思えません。何かしらの進化や希望を見せ付けて決着する事を願います。それではお二人のハイライトでも貼っておきます。



アンディリスティvsヘンリーヴァンオプスタル@2010年ムエタイイベント

こんな良いカードが2010年にあったとは知りませんでした。2010年8月29日のムエタイイベントのようです。リスティは2013年ライト級トップにたった選手で、ヘンリーはアンディサワーの弟子でトップクラスの選手です。

アンディリスティ
photoby Paulblank


両者ともここから3年でさらに伸びた選手ですから今見ると劣りますが、リスティはなんとなくで戦っても迫力がある選手ですし、ヘンリーは恵まれた体格とサワーっぽい動きが良いです。でもこの時ではペトロシアンに勝てなかったでしょう。

変則なパンチと蹴りは今も同じですが、脇が開いていてモーションが大きいように見えます。このリスティを勝てる選手も少ないでしょうが、サワーに微妙な判定負けをしたことを考えてもコンパクトにまとめられるとポイントアウトはできるような選手はいそうです。

被弾も結構していて、真正面からストレートもらったりしていますが効いていないようなので打たれずよさもあるのでしょう。ますます攻略できなさそうですね。これといった相手もいないですしどうするのでしょうか。どこからから無敗の王者を連れてくるというのは他競技の定番ですが、キックボクサーのスコアはどの選手も負けが沢山なのです。ペトロシアンとワンマッチでしょうかね。

レフリーのユニホームについては調べる気が起きませんでしたが、是非とも日本に導入していただきたいですね。ファイターが3人いるような違和感を覚えます。

おすすめ格闘技動画

ボクシング
  • テクニシャン同士の頂上決戦となったこの試合は痺れるかけ引きの末、早期決着を迎える事となりました。カウンターをとるのが上手な二人ですから細かいフェイント等が沢山あり玄人好みな一戦になっていると思います。
シュートボクシング
  • 早すぎる引退となってしまったシュートボクシング梅野選手。その代表的な試合とも言えるボーウィー戦。被弾覚悟のフルスイングの打ち合いは格闘技ファンでなくても理解できる戦いです。
シュートボクシング
  • キック系選手においてパンチのテクニックが異常に高いのがアンディサワー。特にボディブローはピカイチと言われています。集音マイクに拾われるドスンドスンという音を聞いてください。
総合格闘技
  • 【閲覧注意】民放ではカットされた伝説の試合。ロシアの軍人という肩書がそのリアリティさを深めました。ロシアンポジションと名付けられた変形マウントポジションからの鉄槌はシュルトの顔面を破壊、観客をドン引きさせました。
ボクシング
  • PRIDE無差別級グランプリの準決勝。PRIDEの顔とも言える二人の激突は体格差があったものの、圧倒的な差で決着。ノーミスの試合運びとフィニッシュの破壊力は根強い人気動画です。
キックボクシング
  • 完全玄人好みの一戦。ブアカーオは引退を発表してしまいましたが、間違いなく70kgのナンバーワンであったと思います。現在最強と言われているペトロシアンとの試合は何回見てもブアカーオが勝っていたのではないかと思います。
ボクシング
  • オープニングから試合、結果までとても記憶に残る一戦です。ボクシングファンの期待、注目、すべてを集めた試合であったと思います。試合を見てゾクゾクするというのはひとつの醍醐味だと思いますが、それを一試合で何度も提供してくれたこの一戦は偉大です。
総合格闘技
  • いつまでこの幻想が続くのかという期待と果たして超えることができるのかという不安の両方を提供してくれるジョンジョーンズ。現在進行形でMMAファイターの価値を押し上げている彼の戦いはどのスポーツにも劣らないトップアスリートとしての姿でしょう。
総合格闘技
  • 競技人口が多いだけになかなか最強が決まらないライト級。日本人も何名か争いに参加していましたが、現在は脱落といった感じか。何名がいるトップファイターの中でもこのギルバートメレンデスは安定して勝っており、おそらくNo1なのではないかと思います。
総合格闘技
  • ヒョードル皇帝の全試合まとめです。全試合収録できましたので完全版です。10年前の試合などはひとりだけ次元が違う状態で、それから長い事トップに君臨してきました。今後、これほどに長期政権を築けるファイターはいないでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。