総合格闘技動画キックボクシング動画

格闘技動画ナビ新着記事

リョートマチダvsケガールムサシ UFN PV

ワイドマンvsアンデウソンの熱気も落ち着いてきた頃ですが、もろもろ動きが出てきました。
まず、骨折してしまったアンデウソンですが、上半身のトレーニングを再開したようです。年齢的にも気持ちがついていかないのではと思っていましたが、やはり常人ではないのでしょう。

あきらかに詰将棋に負けてローをカットされた感じがしましたが、本人はアクシデントの一点張り。まだストーリーは終わっていないようです。これはこれで何よりです。

ワイドマンはベウフォートとの対戦が決まりましたが、話題は主にテストステロン関連。このスポーツについてまわる一番の課題でしょうが、気持ちのよい方向でまとまっていただきたい所。vsアンデウソンという点では隙をまったく作らず、プレッシャーのかけ方も素晴らしかったワイドマンですが、これが他の対戦相手になった時にも通用するのか、未知数なところはあります。

最後に、今週末に対戦するリョートマチダvsケガールムサシ。いつの間にか両者ミドル級にいます。ライトヘビーのほうはトップ4の対戦で少し時間がかかるでしょうからこの異動は喜ばしいです。

実力者同士なだけに勝てば一気にタイトル戦線。ただし負ければ相当遠回りとなるでしょう。階級も軽くなりよりシャープな両者の姿が楽しみです。

Glory14ザグレブPV ミルコクロコップvsレミーボンヤスキー、アンディリスティvsダビットキリア

アンダーカードの詳細まで把握していませんが、楽しみです。取り急ぎPVがアップされていましたので紹介。ボンヤスキーとミルコは何回引退試合をしているのでしょうか。よりレベル高い試合を見せていかなければならないキックボクシング界においてはもう殿堂入りしているような選手同士なのでこの勝敗が何にも関与しないところがちょっと物足りなさを演出しています。

以前、日本にK-1というものがあった時には総合帰りのミルコとボンヤスキーが対戦してキックボクシングにはない体幹の強さを前面に出してミルコが押し切ったというような試合でした。ボンヤスキーは最後までバランスを崩しませんでしたが、ガードの上から当てられ、隙間を探されるという一方的な展開。ボンヤスキーもあれでストップは納得がいかなかったと思いますが、月日がたって再戦となりましたね。

ライト級に関しましては、なぜキリアなのかという最高級の疑問があるものの、リスティの相手がいない現状は何度もご説明してきた通りで、落ち着くところにいったという感じ。せめてもの救いがキリアが回転蹴りなど変則であること。
キリアに勝ったロスマレンに勝ったリスティですから、盛り上がるか難しいところですが、チャンピオンとしてのリスティがすぐに見れるというのは有難いですね。

アンダーカードの方が面白そうなのがありそうな。チェックする時間がありませんが、出来次第また書き対と思います。

UFC169公開計量ヘナンバラオ、ユライアフェイバー、ジョゼアルド、アリスターオーフレイムも。

アリスターの体の大きさは中間といった所でしょうか。萎みすぎずでかすぎない仕上がりになっております。今回に関してはミアが相手という事でテストステロン関連の事を過剰に言われることもないでしょう。タイでの修行の成果をなんとか見せてもらいたいものです。

アルドはいつもの感じでいつもと同じように淡々と終わらせようという雰囲気。同じく淡々としているリカルドラモスも不気味です。メインではなく注目度が低い所も不気味さに拍車をかけています。

ただ、両者のレベル高さという視点ではやはりバラオvsフェイバーがメイン。リーチの差、距離が計量時からもよく分かりますが、どちらの展開になるのか見ものです。いよいよ明日。

おすすめ格闘技動画

ボクシング
  • テクニシャン同士の頂上決戦となったこの試合は痺れるかけ引きの末、早期決着を迎える事となりました。カウンターをとるのが上手な二人ですから細かいフェイント等が沢山あり玄人好みな一戦になっていると思います。
シュートボクシング
  • 早すぎる引退となってしまったシュートボクシング梅野選手。その代表的な試合とも言えるボーウィー戦。被弾覚悟のフルスイングの打ち合いは格闘技ファンでなくても理解できる戦いです。
シュートボクシング
  • キック系選手においてパンチのテクニックが異常に高いのがアンディサワー。特にボディブローはピカイチと言われています。集音マイクに拾われるドスンドスンという音を聞いてください。
総合格闘技
  • 【閲覧注意】民放ではカットされた伝説の試合。ロシアの軍人という肩書がそのリアリティさを深めました。ロシアンポジションと名付けられた変形マウントポジションからの鉄槌はシュルトの顔面を破壊、観客をドン引きさせました。
ボクシング
  • PRIDE無差別級グランプリの準決勝。PRIDEの顔とも言える二人の激突は体格差があったものの、圧倒的な差で決着。ノーミスの試合運びとフィニッシュの破壊力は根強い人気動画です。
キックボクシング
  • 完全玄人好みの一戦。ブアカーオは引退を発表してしまいましたが、間違いなく70kgのナンバーワンであったと思います。現在最強と言われているペトロシアンとの試合は何回見てもブアカーオが勝っていたのではないかと思います。
ボクシング
  • オープニングから試合、結果までとても記憶に残る一戦です。ボクシングファンの期待、注目、すべてを集めた試合であったと思います。試合を見てゾクゾクするというのはひとつの醍醐味だと思いますが、それを一試合で何度も提供してくれたこの一戦は偉大です。
総合格闘技
  • いつまでこの幻想が続くのかという期待と果たして超えることができるのかという不安の両方を提供してくれるジョンジョーンズ。現在進行形でMMAファイターの価値を押し上げている彼の戦いはどのスポーツにも劣らないトップアスリートとしての姿でしょう。
総合格闘技
  • 競技人口が多いだけになかなか最強が決まらないライト級。日本人も何名か争いに参加していましたが、現在は脱落といった感じか。何名がいるトップファイターの中でもこのギルバートメレンデスは安定して勝っており、おそらくNo1なのではないかと思います。
総合格闘技
  • ヒョードル皇帝の全試合まとめです。全試合収録できましたので完全版です。10年前の試合などはひとりだけ次元が違う状態で、それから長い事トップに君臨してきました。今後、これほどに長期政権を築けるファイターはいないでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。