ホイス・グレイシーvs曙 動画


日本で流行っていたのは格闘技ではなく、格闘技風のエンターテイメントコンテンツなのだろう。勿論、本物の試合も混ざっていると思うが、そういう試合に限って面白くなかったとか膠着が多いとかで放映がダイジェストであったり、カットであったりという事だったのだと思います。

民放で放送するということはやはりハードルが高いのでしょう。視聴率が取れなければマネタイズできないのでしょうから、イロモノによってしまったのもまた仕方がない事です。ファンがどういったものを望むのかをきちんと把握しての事ですから格闘技風コンテンツが流行していたという事です。

アメリカのUFCでも初めは体格差上等、他流試合上等な感じでしたが、それぞれの階級に磨きがかかってきて、ボクシングに次ぐ格闘コンテンツになっていると思います。

日本においてはボクシングですらなかなか見る人が少ないでしょうから、王道に格闘技を見せるという事は難しいのかもしれませんね。ただ、これから確実にやってくる王道格闘技コンテンツの確立期に向けて、過去のこういった試合もまた逸話としてストーリーの一部となっていくのでしょう。





長島自演乙雄一郎vs菊野克紀


昨年に引き続きMIXルールでの登場となった自演乙選手。対するMMAからは空手ベースの菊野選手。1Rは菊野選手押し気味でのダウンの取り合い。オープンフィンガーグローブでの殴り愛は肉体の損傷が激しすぎて良くないですね。脳がゆれるよりもダメージが蓄積してしまうので怪我も増えそうですし。

自演乙選手も練習してきたでしょうが、プロレスと行き来している選手とMMAオンリーで1年過ごしてきた選手では少し状況に差があったように思えます。

来年からはMMAに挑戦したいという長島選手ですが、本気でやっていただき沈み気味な70kgを盛り上げてほしいです。また、菊野選手の武道家精神は見ていて気持ちが良いものです。このキャラクターでもっと開花してもらいたい。


石川直生vs森重真


キックルールです。58kg契約です。軽い体重なのでパンチやキックに見応えがない感じがしますが、組み、ヒジ、ヒザありということでそこを楽しみましょう。

これを見ると組みやヒサが禁止されたことをなんとなく理解できます。適度ならおもしろいんですけどね。それだけになってしまうとこういう試合になってしまう。

このKrushの興業みたいに少しずつアレンジルールでやればお客さん、視聴者も飽きないかもしれませんね。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。