リョートマチダの空手試合動画


ジョンジョーンズという波に飲み込まれた一人ですが、元UFCライトヘビー級チャンピオンのリョートマチダ選手。

空手のバックボーンがあり、その動画ですが、構えがMMAをやる時とほとんど変わりませんね。ミドル級に落としても良いという発言をしているみたいですが、派手に敗けたわりに一番ジョンジョーンズを追い込んでいたと思います。

タックルをとってジョンジョーンズに勝とうというのは難しいと思いますから、やはり打撃がポイントになってくることでしょう。空手、カンフー、このあたりはまだまだ解明されていないだけに魅力的なマーケットですよね。





キックボクシングはピンチのようで最大のチャンスを迎えている|もう一度ファンが戻ってくる時だろう


ピンチはチャンスと良く言われるが、日本にいると瀕死のように感じるキックボクシング界は実はとてつもないチャンスを迎えていると思う。

ファイターも実は日本マーケットを相手にやるのにうんざりしているからかもしれないが、あまり勢いを伝えてこない。

良くも悪くも旧K-1が解散という形になりいろいろなものが動き出した。一ファンとしてはとにかく大会が開催されることが嬉しいのだが、注目すべきはその構図である。

少し前まではK-1が無くなればほとんどのファイターがIT’SSHOWTIMEに吸収されるような形になると思っていたが、加えてGLORYと新生K-1が出てきた。

一瞬、選手がばらけて共倒れという事も想像したが、中量級においてはそんなことはなさそうである。一部のスーパートップファイターを除いては比較的力が均衡しているし、かといってヘビー級のように色物を混ぜて誤摩化すという事もない。
※ ここでいうスーパートップファイターとはブアカーオやペトロシアン、アンディサワーを指している。

つまり、ボクシングのようなWBA,WBC,WBO,IBFのようになるのではないだろうかという事である。可能であればトーナメント方式も辞めて欲しいと思っているが、それぞれの団体でビッグマッチを年に3回ずつでもやれれば結構な数の「ファンが見たい試合」というのができる。

ちなみに4団体として調整するのであれば「タイファイト」もここに混ぜて欲しい。

現時点でこの4団体でチャンピオンを出していくと、アンディサワー、ジョルジオペトロシアン、ロビンファンロスマレン、そしてブアカーオである。

そう簡単に統一戦というものはやってはいけないが、4団体が競合するのではなく協業することでよりよい世界を作っていって欲しい。

先述した4王者だけなく、佐藤選手やキシェンコなどのおなじみファイターからクリスンギンビ、ロクエニなどのヨーロッパ勢、加えてムエタイの強豪たちが絡んでくるのだから飽きはないだろう。

くれぐれも軽々しくならないようにしなければいけないが、スーパー王者や暫定王者(シルバーはいらないね)などの制度も活用すべきであろう。

瀕死のようで実はここまで出来上がっているコンテンツを日本では誰が仕切るのだろうか。派手な演出や過剰な広告はいらないだけにコンセプトや世界観が分かっている人にやってもらいたいものだ。

ここまで書いてもまだ所詮妄想の部分が多いが、3度の飯より格闘技が好きな私のメモ書きとして発信しておきたい。

たまには動画なしのエントリーも良いでしょうか?

ジェロムレバンナvsボブサップ ヘビー級MIXルールの試合動画


当時はグレイトフィジカル同士の一戦と思って真剣に見ていたのですが、今この試合を再びやったら完全にプロレスでしょうね。今やっても同じ選手ですから、いかにブランディングが大切かが分かります。

こんなことをやっていたK−1も遂になくなりましたね。外から見ている分には一体悪の根源は何だったのかはファジーなままになっていますが、このままだらだらと続けていくよりも一度解散ということで良かったのでしょう。

試合開始は3:40.MIXルールです。1Rがキック、2Rが総合です。両者ヘロヘロな何とも言えない一戦です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。