K-1インパクトKOハイライトvol.5 ブランコシカティック パトリックスミス ショーンオヘア TOMO スタンザマン 他


Vol.5もすごい内容になっています。KOばかりが格闘技の醍醐味ではないと思っていますが、K-1のKOシーンというのは素晴らしいものが多いです。ルールやマッチメイクも派手さを求める傾向がありますからKOになるようにしている感はありますが、それでもエンターテイメントとして確立できたのはこの豪快さがあったからでしょう。

見ている当時は何とも思いませんでしたが、この選手たちで年に4〜5回開催し続けるだけでもすごい事でしたね。新生K-1がどこまでできるのか未知数ですが、また違った形ででも復活してほしいですね。

全部で10個のKOシーンが収録されています。ショーンオヘアやスタンザマンなどはなかなか見れないですからここで見ておくことをお勧めします。


K-1インパクトKOハイライトvol.4 曙 レミーボンヤスキー ブアカーオプラムック マークハント ステファンレコ リックルーファス 他


Vol4も最高です。特にブアカーオvs小比類巻はルール改定前のものなので膝蹴りも自由に使えていますのでブアカーオ無双を見ることができます。これは勝てる人いなかったでしょうね。

マークハントvsステファンレコも左のフックでダウンしたレコがすぐに立ち上がったので続行かと思われましたが、数秒後に脳震盪が来たのでしょうか?基本、体を張ったスポーツですから何が起こるか予想は出来ないのですが、コーナーにたどり着いてからフラフラするシーンというのも珍しい気がします。

他にも、マイティモーvsガオクライ、小比類巻vs武田幸三など語り継がれるべき試合が収録されていますので是非ご覧ください。


K-1インパクトKOハイライトvol.3 小比類巻貴之 イグナショフ アンディサワー HAYATO トムエリクソン


Vol3もまた見応え十分です。中でも一番好きなのはアンディサワーvs武田幸三の一戦。武田選手の一撃狙いに対してサワーはコンビネーションで打ち込み続けるという展開でした。そのフィニッシュシーンが収められていますので是非ご覧ください。

他ではなかなか登場してこないのがトムエリクソンさん。同じような体型のヤンザジャイアントノルキアと戦いボコボコの打ち合いをします。体型だけでなくパンチの回転力なんかも同じ感じで見ていて面白いはずです。

あとはみんな大好きレコさんの一番輝いていた試合も収録されています。今のMMAもすごいけど、これだけ積み重ねてきたK-1はやっぱりすごい気がする。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。