バダハリvsザビットサメドフ K-1ザグレブ

バダハリは事件以来、うまくいっていないように思えます。ヘビー級キックボクサーのTOP5には必ず入れる実力があると思いますが、この試合は明らかに体がたるんでいますし、相手に体格の利がなければオーフレイム戦のように持っていかれたでしょう。

試合どころではないという事情もあるかと思いますが、その才能に惚れているファンも多いでしょうから是非とも諸々、クリアにしていただきトップ戦線に混ざってきてほしいものです。

こんなに荒々しい試合はトップ選手にはふさわしくありません。彼のスタイルの場合はミドルキック主体のアウトボクシングパターンが渋くて良いと思うのは私だけでしょうか。ピーターグラハムとの第2戦のように。

ダニエルギタvsウェンデルロチェ K-1マドリッド動画


個人的にはヘビー級キックボクシング2位のギタさんの動画。シュルトにはなかなか勝つイメージが湧かないけど、すごく安定した戦い方をしますね。

素材も十分なものがありますし、2位で間違いない選手です。オーフレイムとなら勝てそうだから、シュルト、オーフレイム、ギタで三つ巴になれば面白くなるんだが。ついでにバダハリも戻ってくればひとつのコンテンツにはなるよね。


K-1インパクトKOハイライトvol.6 パトリックスミス フジチャルムサック アルスランマゴメドフ アンドレマーナート 他


これで終わりの様です。K-1のKOシーンで放送できないくらいやばりものってあまりないように思いますが、この動画に収録されているフジチャムルサックvsアルスランマゴメドフ戦は結構危ないですね。

痙攣してしまう系は他の団体ですとまだ見かけるのですが、K-1ではこの一戦くらいしか記憶にありません。パターンとしてはヒザ蹴りに合わせたフックなのですが、当たり方、威力、倒れ方が良くなかったのかもしれません。

K-1の歴史を振り返るようなきれいなKOシーンハイライトでした。このVol.6で更新は止まっているようなので続きは見れないと思いますが、初代K-1の後半部分が無いので是非、新しい会社が権利を買ってでも作成してもらいたいですね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。