ヘンリヴァンオプスタルvsボーヴィーソーウドムソン

S-cup2012の本戦のほうですが、やはり実力者同士だと良い試合になりますね。それでも体格差などがまだあるのでもっともっと競技として完成すると面白そうだなと素人ながら考えております。

どちらも良い選手で、ヘンリーについてはサワーの弟子という事でリーチの長いサワーのようです。毎回毎回パンチの技術が上がってきているので面白いですが、これだけ上背があるのにサワーと同じようにインファイトするのはどうなのでしょうか。もっと前蹴りとかジャブを多用できるスタイルだとさらに強くなりそうです。
対するボーヴィーは基本的なムエタイができる剛腕。打ち合いを好むので毎回盛り上げてくれます。どちらの選手もすっかりロングスパッツが似合うようになりました。

鈴木悟vs郷野聡寛

2012年S-cupのリザーブファイト。両者ともファンの多い選手かと思いますが、ここから頂というのが見えないのではないでしょうか。両者のキレキレの試合を見て来た一人としてはこれが絶頂ではないという事はお伝えしておきたいと思います。

年齢も年齢ですし、何かを変えないと世界のトップとはレベルが開いてしまっていると思います。軽量級ばかり見ているからかもしれませんが、70kg遅い…と感じてしまっては良い所無くなってしまいますよね。

緒形健一ハイライト動画 アンディサワー・武田幸三戦等。中量級の伝説


シュートボクシングを主戦場に中量級でトップ戦線に長く居続けた緒形健一選手のハイライト動画ですね。

だいぶ若い時の映像から収録されています。あー中量級って面白かったなと思わせてくれる動画です。競技の面白さについてはもう語る必要もないのだと思いますが、やはりもう一度格闘技コンテンツが根付くチャンスが到来してほしいものです。

見る・育てるという感覚は日本人は得意な感じがするのですが、格闘技については一時のブームで終焉してしまったように思えます。スーパーアリーナも結構ですが、後楽園とかめちゃくちゃ楽しいんですよ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。