野杁正明vs梶原龍児 K-1-63kg 日本トーナメント2011


最年少vs最年長という一戦。スピード×テクニックvs経験×テクニックという図式。

両者、勝ちに徹して当然なのであるがプロとしてしなければいけないこともあると思う。しかし、レフリーがもっと攻めろもっと攻めろと言っても勝ちたいのだからスキをつくるわけにはいかないのだ。

採点方式を変えることを提案したい。
ダウンポイント2は辞めよう。重たすぎる。ポイントは1に変更すべきだ。先手をとって攻撃していてもカウンターでダウンをしては−2点。そう考えると攻め手が慎重になって当然である。

毎ラウンドごとに優越はつけるべきだと思う。多く攻めたほうに1点あげれば良い。3R通して攻め続ければ3点取れるわけである。当然よけられた攻撃やブロックされた攻撃は優勢とみない。ただし、現在評価されていないローキックや腕へのミドルキックは評価すべきだと思う。

そうしれば延長まで見ることもなかったと思う。野杁選手もダウンをおそれずに3R攻撃し続けるだろうし、梶原選手も本線でもっと手数を出したと思う。







タグ:野杁 梶原 63kg

久保優太vs才賀紀左衛門 K-1-63kg日本トーナメント2011


組み合わせ的にも大本命の久保優太選手と一番のダークホース才賀紀左衛門選手の一戦。

サウスポー構えで比較的正統的なキックボクシングスタイルの久保選手。このトーナメントにおける最大の武器はリーチの長さか・・。対する才賀選手はオーソドックス構えの若干変形な攻撃をしてくる選手。

3R制でダウンポイントが2というルールの中では仕方がないかもしれないがお互い距離をとっての攻防が続きます。加えて両者ともパンチに絶対的なものがないため、間の取り合いが膠着の様に試合を重たくしていきました。

せめて久保選手の左ミドルが連発で当たる距離でないと見ていてもパッとしない試合になってしまうと思います。

このトーナメントの結果、久保選手はチャンピオンになるのですが、果たしてどういったチャンピオンになっていくのかまったく見えません。魔裟斗氏ばりに黄色い声援満載で、K-1自体を違うものにしてしまうか、肘ありルールとかに変更しないとチャンピオンとしての絶対的何かが出てこないのではないでしょうか。

対する才賀選手は負けはしましたが、2-0判定でしたし、まだまだやれたのではないかと思います。ただし、体重は60kgのほうが良いのともっと回転系の蹴りや空手技を交えた戦い方をすればオンリーワンの絶対的存在になるような気がします。






卜部功也vs裕樹 K-1-63kg日本トーナメント


このサイトでも63kgの魅力を今まで伝え続けてきたが、今回のK-163kgで一番良かった試合はこの一戦だろう。いろいろな見方はあると思うが、両者とも元気でパンチスピード、キックスピードともに十分な状態であることは理由のひとつかもしれない。

完全にパンチテクニックを中心とした卜部選手とローキック90%からの組み立てをしてくる裕樹選手という図式。

1Rから卜部選手のパンチテクニックがとても光っていました。隙をみて裕樹選手も反撃をしますが、頼りのローキックがうまく入らないといった印象。

卜部選手もサウスポー構えでローを蹴られない所にポジションを取り続けてリズムを作らせないようにしていました。

常に動き続けている卜部選手を追いかける形の裕樹選手にバックハンドブローでダウンを取るなど、完全に2R中盤までは卜部選手のリズム。

そこから無理矢理でもローを蹴るようになり、最後には明らかなダメージを卜部選手に与えていました。この一戦はとにかくトーナメント全体に影響を与えていたのではないかと思います。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。