ムルテルグロンハートvsハルトグレゴリアン 格闘技動画


K-1risingでの一戦です。グレゴリアンの方が若干有利と言う予想が立っていましたが、それをくつがえしてグロンハートが頑張りました。

試合開始直後はやはりグレゴリアンの圧力の凄さを感じましたが、グロンハートが逆転。40勝7敗のグレゴリアンがここで負けるとは思っていませんでしたが、今後期待のできる選手の登場を喜ぶべきでしょう。

バダハリと同じトレーナーですからトレーニングしていくと伸びていくでしょうね。技の精度を見る限り、まだまだ粗いのですが、経験のあるグレゴリアンにはそこが難しかったかな。


木戸康裕vsスファン K-1Rising 動画


木戸さんが頑張ってくれました。実質日本の70kgで一番の選手ですから結果が出て良かった。ただ、相手のレベルがサワーやキシェンコになった時にどの程度戦えるかはまったく分かりませんが。

前回の健太戦で決めたのと同じフィニッシュですかね。このパターンは大得意ですよね。駆け引きや試合運びという点でここまで考えながらやっているファイターも少ないです。

バックハンドブロー禁止にならなければ良いですが、破壊力は抜群です。


アルトゥールキシェンコvsイスファン K-1Rising 動画


今回はオーソドックスの構えのキシェンコ。前回のペトロシアン戦では底が完全に見えてしまい、逃げ回る3Rといった感じになってしまいましたが、まだまだ若い選手ですので生まれ変わることはできるのかが注目です。

荒々しいファイトが売りのキシェンコですが、攻撃のコンビネーションも限りがあり、少し隙が見える程度になってしまっています。1R終盤の前蹴りなんかはよい例でしょう。

体が大きいですから足をとめて撃ち合ってくれる選手であればまあこんな感じにはなるでしょうね。素材が良いだけにこんなところで満足しないでもらいたいですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。