立っても地獄寝ても地獄|サラ・カフマンvsモーリー・ヘイゼル


2008年3月29日に開催されたHardcore Championship Fighting: Crow's Nestでのサラ・カフマンとモーリー・ヘイゼルの試合です。2R 2:44 TKO(パンチ連打)でサラ・カフマンが勝利しています。

カフマンの戦い方は何回見ても痺れますね。まるでニックディアスのような打撃と柔術のコンボです。打撃が嫌で寝技に逃げればクオリティの高い、柔術が待っている。立っても地獄、寝ても地獄とはまさにこの事です。

選手プロフィール
サラ・カフマン/1985年9月20日/165cm/61kg/ムエタイ、ブラジリアン柔術
モーリー・ヘイゼル/1978年1月21日/165cm/57kg/ジークンドー




北米最強の女殴師 サラ・カフマンvsジュネル・マルケス バックパウンド葬


2007年10月19日に開催されたHardcore Championship Fighting - Title Waveでのジュネル・マルケスとサラ・カフマンの試合です。2R 3:22 TKO(パンチ連打)でサラ・カフマンが勝利しています。

カフマンの打撃は女子格闘技の中では抜けていますね。スタイルも打ち合い上等といった感じで盛り上がる試合に自然となります。女性ファイターの中でもチェックすべき一人です。

選手プロフィール
サラ・カフマン/1985年9月20日/165cm/61kg/ムエタイ、ブラジリアン柔術
ジュネル・マルケス/-/1.60cm/58kg/-


色気溢れる女の殴り合い アレクシス・デービスvsサラ・カフマン Ultimate Cage Wars 7


2007年4月7日に開催されたUltimate Cage Wars 7: Anarchyでのアレクシス・デービスとサラ・カフマンの試合です。3R TKO(パンチ連打)でサラ・カフマンが勝利しています。

このくらいの殴り合いになると男子でもなかなか無いので見ていて面白いですね。純粋に比較できませんが、ハンセン、アルバレスレベルの殴り合いじゃないでしょうか。

選手プロフィール
サラ・カフマン/1985年9月20日/165cm/61kg/ムエタイ、ブラジリアン柔術
アレクシス・デイヴィス/1984年10月4日/166cm/61k/総合格闘技、ムエタイ、柔術




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。