ファブリシオヴェウドゥムvsマイクカイル 動画


2009年8月15日に行われたストライクフォースでの一戦。成長途中なのでしょうが、結構隙を作りながらの試合になっています。

結果、早いタイミングでの決着になっていますが、ヘビー級絶対王者になるにはまだ課題がありそうです。

ファブリシオが負けた選手は、アリスターオーフレイム、ドスサントス、アルロフスキー、ノゲイラ、ハリトーノフですからTOPファイターには間違いないですが、もう一歩成長の必要があるのかもしれませんね。

ファブリシオヴェウドゥムvsアントニオシウバ 動画


2009年11月7日に行われた一戦。この時はまだ両社ともヒョードルに勝つ前ですが、フィジカルもテクニックもUFCに負けないくらいのレベルになっていると思います。

ヘビー級らしいパワフルさは当然あるのですが、そこに潜む粗さやムラはこの試合にはありません。どちらも柔術が上手な選手ですし、ボクシング技術も積極的に勉強している選手です。

まだまだ二人とも強くなっていくと思いますが、骨格的にこの程度ないと今はヘビー級で生きていくのが難しいのだと思います。





ヒョードルvsブレットロジャース 動画


ヘビー級の選手の巨大化が進んでいますが、ヒョードルはあまり大きくないので自分より大きな選手と戦う事が多いですね。それなのに何故通用していたのか。

日本のリングのレベルが本当はどうだったのかを考える必要があると思います。ヒョードルのライバルと言えば、アントニオホドリゴノゲイラ、ミルコクロコップでしょう。どちらの選手も上背もありがっちりしていますが、今のUFCヘビー選手と比べるととても小さいですね。

ヘビー級ですからやはり体格は重要になってくると思います。結局、北米ではヒョードルですら勝てなかったのですから検証する必要があると思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。