ベラトール106 ランペイジvsジャクソン 2013年11月2日

2013年11月2日にビッグイベントが来ました。UFCからの離脱者を地道に集めてきた成果が出るのでしょうか。いまさらランペイジとティトをやってどうするのかいという意見はこの際不要でしょう。

今必要なのはUFCに対抗できる団体だと思いますが、残念ですが2番手のベラトールですら足元にも及んでいません。そんな状況ですが、打開の為の一石にはなるのではないかというイベントが開催されるようです。

メインイベント:クイントンランペイジジャクソンvsティトオーティス。セミ:マイケルチャンドラーvsエディアルバレス。加えてパットカラン(フェザー19勝4敗)、キングモー(ライトヘビー11勝2敗)も参戦してきます。

個人的にはフィルデイヴィスよりもキングモーのほうが強いと思いますし、チャンドラーはライト級5位くらいには入っているでしょう。このボリュームを連発できるのがUFC。一回やるのが大変なのが2位のベラトールという状況ですが、リリースされた選手の再起先としても必要だと思いますのでこのイベントはうまくいってほしいですね。

エディアルバレスvsパトリッキーフレイレ ベラトールFC動画


エディアルバレスの最新試合映像です。この試合を最後にベラトールFCを離脱することが決まっているアルバレスですが、ダナホワイトはすでに獲得に向けて動いているようです。

70kgの階級においてはやはりトップファイターであることがこの試合でも証明されました。加えてアグレッシブな戦い方は今のUFCファイターには無い要素でもあります。

でも以前からUFCは契約が厳しいからいかないというような主旨の話も言っていたと思いますのでOFCっていう可能性もあり楽しみです。


Bellator75ハイライト動画 ビニキウスクエイロス/マークホラータ/マイクウェッセル/リチャードヘイル/ヴォルコフ/ブレットロジャース/チアゴサントス/エリックプリンドル


ベラトールのヘビー級が思ったより面白いですね。これがMMAヘビー級のTOPかと問われれば違うという回答になると思いますが、十分見応えのあるよい大会です。

大会全体の満足度としてはUFCよりも高いと感じる人も多いのではないかと思います。

このハイライト動画からもそれは伝わると思います。それにしてももう75まで来ました。ペースを維持できたらいつかUFCを数では抜くことになりますね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。