ジュリーベスメトニーvsノーバートバロウ 動画


Fightcode(ファイトコード)からの一戦。トーナメントだから仕方がないのかもしれませんが、もう少し倒しに行く姿勢は両者とも欲しいですね。

たった2.5kg増えただけでこんなに違う試合展開になるというのは是非、体感してみたい。70kgと72.5kgの違い。これがファンに伝わればボクシングのように一大文化になっているんだろうなと妄想しています。

キシェンコなんかはこっちに出るのも良いかもしれませんね。70kgペトロシアン、72.5kgは誰々と王者が並んでいくところを見たい。そして複数階級取りに行く時代がキックボクシングにも来るかもしれませんね。

The exciting highlights of the 2011 Fight Code Dragons semi-finals between Jury Bessmertny and Norbert Balogh


アドダーラマベルvsサドサコン 動画


こちらもfightcode(ファイトコード)からの一戦。ハイライト動画です。72.5kgのトーナメント準決勝ですね。

72.5kgクラスというのはどういった試合を見せてくれるのかが重要です。70kgのそれとどう違うのかがファンに伝わらないといけませんね。フィジカル的にアジャストしている選手たちが増えてくると興業優先ではなくて自分にぴったりの所で戦うしかなくなりますから、レベルも上がってきます。

この試合もどこが72.5kgの面白さかは分かりにくいのですが、マベル選手のフィジカルは70kgのそれと違う事が容易に分かりますね。でもマッスルだったら良いというわけではありませんからそれが正しいかは別問題ですが。

Highlights from the 2011 Fight Code Dragons Semi-Finals between Sudsakorn Kimlee and Abdallah Mabel

ジュリーベスメトニーvsサドサコン 動画


Fightcodeでの一戦。ドラゴンクラスという分け方をされており、72kgウェイトのようです。トーナメントの決勝ですね。ハイライト動画ですがご覧ください。

キックボクシングvsムエタイといったところでしょうか。パワフル感はとてもあるのですが、ジョルジオペトロシアンやキシェンコ、サワーとはまた少し違うレベルの様です。

できたばかりの団体でしょうから良い選手を囲えないのは仕方がないですが、とにかく本物の試合を提供し続けて行ってほしいと思います。ミドル級を72kgに設定したあたりニューヒーローが出やすいようにしている意図を感じますが、たった2kg違うだけで70kgとは違うパワー感、スピード感、試合運びというものを表現してもらいたいですね。

Highlights from the 2011 Fight Code Dragons Final between Jury Bessmertny and Sudsakorn Kimlee

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。