ラモンデッカーvsコーバーンルークチャウメーサイトーン2回目 動画


合計4回も対戦した両選手ですが、その2回目の動画がこちら。一回目の対戦はラモンデッカーが地元オランダでKO負けしており、今回はルンピニースタジアムでラモンデッカーが勝利をおさめます。
1Rで勝負はついてしまうのですが、この追い込みの連打は現在のキックボクサーと比較してもとんでもないものだと思います。

左のショートアッパーが入ってのをきっかけに、左右のフック連打、ダウンした相手を抱え上げて膝蹴り、再開後の打ち下ろしの肘からとどめのワンツー。

敵地でこれをやってしまうのは凄いの一言です。試合開始は3:44から。地獄の風車とはまさにこのことなんですね。


ラモンデッカーvsブンチャイ 動画


ムエタイルールで行われた一戦です。スタイルがところどころ違えど、ムエタイvsオランダキックボクシングという構図はブアカーオvsアンディサワーのようなものです。

やはり蹴りの距離にいるか接近して膝、肘の距離になるかが多いのでパンチのコンビネーションは出しにくそうです。ここから20年たってもこの構図が変わらないのは凄い事ですね。

ひとり進化系としてジョルジオペトロシアンという存在が出てきましたが、足して2で割ったようなスタイル。あくまでこの両者のスタイルからほんの少し派生したのが現代キックボクシングということで間違いないでしょう。


ブアカーオトレーニング 動画


こちらも最近の映像です。金銭問題で揉めて以前のジムを離脱しましたが、その後新しいジムでのトレーニング動画です。

サンドバックは相変わらず流石と言った感じです。後半から音声が入っていないのが残念ですが、ブアカーオのコンビネーションが見れる良い動画です。

70kgを語る時には絶対はずせない存在ですので今後の動きに注目ですが、ヨーロッパではペトロシアンとサワーが別の団体で戦うことになるようで一体、どこが最強なのか、誰が最強なのかは分かりにくくなってきていますね。ボクシングのように4団体程度あってブアカーオも、ペトロシアンもサワーもチャンピオンという図式も悪くはないですが。


タグ:ブアカーオ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。