ジョゼアルド待ちになったライト級。ペティス挑戦権は誰の手に。

スポンサーリンク
ジョシュトムソンが一花咲かせるのではないかという展開でしたが、結果は判定ベンソン勝利でした。しかし、ダナホワイト社長はペティスとの再戦が見たいと思うほどインパクトと試合内容がなかったという事をすぐに発言しているところを見るとペティスとの再戦はすぐにはできなさそうですね。

順番的にはギルバートメレンデス。アンソニーペティスとギルバートメレンデスの試合となればとんでもない試合になりそうですが、ベンヘンにもトムソンにも負けたことがあるメレンデスという見方もできるだけにタイトル挑戦権をどう見るのかが難しい所です。

昨年、ペティスが戴冠し、ベンヘン時代が終了しましたが、豊富なライト級をもってしてもペティスが頭ひとつ抜けてしまうという状況になっています。ポカしてあっさり間接とられたりもしそうですが、激しさや強さは圧倒的。いずれはこれを攻略する新しい才能が出てくるのでしょうが、まずはジョゼアルドのライト級転向というのがひとつの期待です。

メレンデスvsペティス、メレンデスvsアルド、ペティスvsアルド、どれも見たい。それにしてもUFCも新しい名前が出てきませんね。格闘技は人気ないのでしょうか。動画はアルド、ペティスハイライト。




スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。