ダニョイルンガ。キックボクシングライトヘビー級2位を見ておこう。

スポンサーリンク
タイロンスポーンのおかげもあってキックボクシングのライトヘビー級も少しは盛り上がってきていると思います。Gloryのトーナメントもダウンはしたもののスポーンが優勝しましたし、これからの動き次第ではヘビー級よりも盛り上がる気配があります。

そうなると重要なのがスポーン以外の選手層という事になりますが、まずはランキング2位のダニョイルンガから見ていくべきでしょう。コンゴとドイツの国籍を持っているファイターで191cmリーチは200cmとなかなかのスケールです。戦績も2013年12月現在で52戦47勝5敗と重たい階級のキックボクサーにしては超優秀。ちなみにスポーンは81戦73勝6敗1分です。

トーナメントの決勝ではスポーンに負けてしまいましたが、レフリーストップのタイミングちょっと早い気がしたので力は未知数。これはいい選手なのではと期待してハイライト動画をみましたが、とてつもなく強いという印象も受けません。この戦い方でこの戦績は正直びっくりです。

ボクシングでもアフリカの選手に良いコーチや練習環境がないを聞きますが、キックボクシングもそんな感じなのでしょうか。なんかもっと強くなるような気がする選手ですね。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。