ブアカーオポープラムックvsマイクザンビディス K-1MAX2006

スポンサーリンク
懐かしい面々が登場する動画ですが、ブアカーオのミドルキックの凄さが分かる試合です。ザンビディスとしてもワンパンチ狙いしかできなかったのですが、ミドルキック一本で中に入れさせないブアカーオは飛びぬけています。

序盤は単発のミドルで牽制しながら試合をコントールしますが、終盤にザンビディスがピッチをあげようとしたタイミングで左ミドルダブルや左右連打を織り交ぜて止める辺りは試合運びの上手さも見えます。

ただ、よく分からないのはこの時も判定が30-28だの30 -29だのが出ておりましたが、どこから胴見ても30 -27なのではないでしょうか。その後ミドルキックはまったくポイントにならないようになってしまいパンチ主体の戦い方をする人が増えていきましたが、コアなファンが抜けていった原因だと思います。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。