キングモーvsロレンツラーキン 金網際のパウンドKO

スポンサーリンク
キングモーの魅力が詰まった試合ではあります。打撃とタックルがうまく組み合わさって安定した試合運びをしてKO勝利となりますが、アスレチックコミッションの検査で陽性反応が出てアウト。ノーコンテストとなった一戦です。

フィニッシュシーンに関しては強引にパワーで決められちゃうのは凄いなと思いますが、ロレンツラーキンと比べると体の大きさもそこまで無いですし、身長も183cmなのでミドル級でみてみたいですね。無理だと思いますが、ウェルターでも良いくらいではないでしょうか。

レスリングをやっていたときは96kg級という記録がありますからもともと分厚い体なのだと思いますが、もう一段階魅力的なMMAファイターになるためにミドル級のキングモーも見てみたいですね。

まぁプロレスも同時にやっている方なので体を絞るという発想はなさそうではありますが・・・。ミドルのキングモーとクリスワイドマンとかかみ合いそうですよね。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。