キングモーvsホジャーグレイシー ベラトール106に向けて予習しよう

スポンサーリンク
キングモーという選手は純粋な強さ以外に魅力があるMMAには数少ない選手のひとりです。私にとってはチェールソネンやニックディアスと同じ魅力を感じます。

試合内容からはポテンシャルの高さがうかがえますが、11勝2敗という戦績からいまだにライトヘビー級のトップ10という評価はもらえていません。日本の戦極に出ていた頃から無双状態でしたが、ストライクフォースのタイトルマッチで負けるなど、運がありません。

アメリカの国内レスリング大会では優勝もしていますし、あと一勝でオリンピック出場というところまでいったレスリングエリートでもあります。その才能を感じ取れる高速タックルは見ものですし、そのタックルに依存しすぎないのも彼の魅力だと思います。

この試合ではグレイシーとは何だったのかという感情もわきますが、身長差を苦にせず打撃できちんと終わらせたのはさすがです。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。