相撲界の怪物といえばこの人でしょう|昭和59年秋場所 小錦vs隆の里

スポンサーリンク

昭和59年秋場所11日目の小錦と隆の里の取組です。小錦が勝利しています。

入幕2場所目で隆の里から初金星を上げ、この場所12勝3敗という好成績を残しました。良く見ると確かにボディプレスで勝っているような気もします。大きすぎて体がついていかないから最後はボディプレスのようになっているだけかもしれませんが。

得意技が突き・押し・ボディプレスって言われましてもね・・・

隆の里 俊英(たかのさと としひで、1952年(昭和27年)9月29日/183cm/159kg/得意手:右四つ、上手投げ、吊り、寄り/二子山部屋/最高位:第59代横綱/血液型:O型。
小錦 八十吉(こにしき やそきち )/1963年12月31日/184cm/153kg/得意手:突き、押し、ボディプレス/高砂部屋/最高位:東大関(外国人初)/血液型AB型/星座山羊座



スポンサーリンク
タグ:小錦 隆の里
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。