石井慧vs井上康生 ビッグネーム同士の世紀の一戦

スポンサーリンク

石井選手はMMAファイターとなり、井上氏は日本チームのコーチとなっていますね。2007年に行われた大会で勝負をしていたようです。

どの競技でもそうなのかもしれませんが、お互いの力が均衡してくると細かいかけ引きが多くなって試合全体としては地味になるものですね。

この試合は石井選手の戦術勝ちのような感じでしたのでできればMMAとかで再戦がみたいですね。井上氏はMMAでも結構やれたのではないかと思いますし。

減量が必要にはなってきますが、やはりミドル級くらいで調整できると良いですよね。石井選手もはやくミドルまで落とした方が良いと思います。また、営利団体として活動している競技のほうが勢いよく発展していきますから、段々と柔道のスキルをMMAが凌駕していくのではないかと感じますね。



スポンサーリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。