ヒョードルvsマークコールマン 2回目 動画

スポンサーリンク

2006年10月21日に行われたラスベガス大会。PRIDEという称号が消えてしまうとは思っていませんでした。アメリカvsロシアという図式にしたかったのだと思いますが、コールマンとの再戦となります。

やはりコールマンのスタイルは少し古いようで、ヒョードルにはずっと余裕が感じられます。様子を見ながら少しずつタイミングを探っているように見えます。

しつこいタックルには親父の意地を感じますが、一方的に苦しそうになっていくのは見ていて哀愁漂います。そこがコールマンの良さでもありますが。

フィニッシュは1回目を見ているかのような終わり方です。2年前とまったく同じフィニッシュとはヒョードルも残酷な事をします。最後の娘さん登場はどうなんでしょうか。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。