ヒョードルvsケビンランデルマン 動画

スポンサーリンク

2004年6月20日に行われた一戦。過去最大に危なかった藤田和之戦から3試合挟んで再びピンチが訪れます。結果、これをも乗り切ってしまったところにヒョードル最強説の原因があると思うのですが。

バックドロップを受けて平気だったのは日頃のトレーニングのおかげでそのシーンでベストな受け身は取れていなかったと思います。ギリギリ右手が頭より先につけたのが幸いしましたね。

そのまま意識を失って鉄槌でも喰らっていたらヒョードル神話は崩壊していたでしょう。ケビンランデルマンからしたら勝ち目はわずかしかなくそれを遂行しても勝てなかったという結果でもう挑戦する気も起きなかったでしょう。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。