ヒョードルvs藤田和之 動画

スポンサーリンク

2003年6月8日に行われた試合。ヒョードルMMA17戦目です。ヒョードルにとっては過去最大のピンチ、日本人にとっては最大に盛り上がった瞬間でしたね。

藤田選手の打撃の威力も凄いと思いますが、それよりもヒョードルはこのパンチをいつでももらうリスクがあったという事が重要です。相打ちの可能性があるスタイルという事ですね。

どんなパンチでも受けるという事ではなく、ショートフックの打ち合いは相打ちになる可能性があるという事です。例えば、ミルコのストレートなどは当たる可能性が少ないです。シュルトの突きなんかももらうリスクは少ないでしょう。

今までは強烈な打撃だという印象のみを与えていましたが、この一戦でそのスタイルに潜むリスクを露呈する事に成りました。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。