ヒョードルvsレナードババル 動画

スポンサーリンク

隙がないかというと、隙は沢山あるヒョードルだと思います。しかし、その隙をつくようなジリジリした展開になることは少なく、拳を振るって自分でペースを掌握していくのがヒョードルのやり方です。

寝技になってもサンボのスキルがしっかりしていますから波の選手では仕留めることができません。リングスルールでは顔面へのパウンドはなしですので真髄を見ることはできませんが、寝技においても相手と同等かそれ以上にこなしていると思います。

ヘビー級の歴史を見ているとこの時はヒョードルが最強なんじゃないかとか議論が出ていましたが、今のUFCのヘビー級チャンピオンは必然と最強という事を名乗れるレベルになったと思います。

それほど競技としての成熟度が高まったという事が分かりますね。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。