ヒョードルvsリーハスデル 動画

スポンサーリンク

2001年12月21日に行われたリングスワールドシリーズ無差別級トーナメント準決勝での一戦。

ヒョードルの打撃の技術の高さが開始早々に垣間見れます。ハンマー型のダンベルを振り回してトレーニングしていたのをみたことがありますが、遠心力で左右のフックの力を増しているような殴り方です。今でもこのスタイルですが、2001年、11年前からこの打撃スキルでしたから他の選手とはちょっと違ったようですね。

2001年にこの力を持ち合わせていたのは確かに強者であったと思います。でも2012年になっても戦っていることは凄いですが、時代の波に飲み込まれても仕方がない時期ではありますね。


スポンサーリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。