ギルバート・メレンデスハイライト動画

スポンサーリンク

今の段階でどこをどう切ってもライト級においてはギルバート・メレンデスの上に行く素材が見つかりません。ひとつ上のニックディアスに感じるそれと近しいのですが、試合運びにおいてはニックディアスより安定感があり、盤石さがあります。

そして磨かれたアスリート感もあり、今最高の選手ではないでしょうか。冒険をしない、固い試合を運ぶということもトップアスリートの条件であり、ド派手に相手を粉砕するというのもトップアスリートの条件です。

ひとつの試合の中でもそれをきちんと意識していられるメレンデス選手はやはり余裕があるのでしょうし、こういう展開に持ち込めば勝てると考えている余裕のない選手には到底たどり着くことのできない空間にいて、すべてを見切りながら仕事をしているのでしょう。

ギルバート・メレンデス(Gilbert Melendez)
21戦19勝2敗(12KO)。実質ライト級最強王者。2敗した石田光洋、ジョシュトムソンにはいずれもリベンジに成功している。青木真也、川尻達也、石田光洋、佐藤ルミナ、高谷裕之など日本人選手にも勝っている。



kurikkuon.png

スポンサーリンク

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。