梅野孝明vsボーウィーソーウドムソン 捨て身とはまさにこの事。

スポンサーリンク
再掲出ですが、梅野選手のK−1MAX出場をお祈りしてベストバウトをご紹介です。

SBにおいても正念場感があり、外の大会に出場している場合ではなさそうですが、ルックス、ファイトスタイルとやはり、今年の話題づくりには最適なんではないかと思っております。

※追記
→K-1も休止している中、梅野選手も引退してしまいました。やはりこの戦い方は体に負担があり過ぎますよね。それでもボーウィーやサワーに勝てれば良かったのですが、及ばないという事はスタイルの限界だったのかもしれません。

そして何回見ても、そのリスキーさにハラハラしますが、理屈抜きに会場を盛りあげていた功労者であったのは言うまでもありません。当時の後楽園ホールではこれで盛り上がっていたのです。「プロ」の格闘家ですから評価にお客さんが介在していることも理解していると思います。

でも梅野選手のそれはエンタメ性を考えてそれをしたのではなく、武骨にただ相手を倒したいという気持ちが強かった選手なのだと思います。

格闘技を見始めてだいぶ経ちますが、こんな選手はいなかった。そして打たれ過ぎる事はやはり選手生命を短くしてしまうというケーススタディにもなり、多くの事を残してくれた選手ではないでしょうか。


スポンサーリンク

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。